TOEIC勉強法を伝授
TOEICで高得点をとるには
TOEICに勝つ方法
TOEIC勉強法の実践例

原文に限りなく近い英語翻訳を求める

日本語を英語へと翻訳するには、かなりの技術が求められます。

翻訳は原文と同じ意味に訳する必要があるからです。言葉が違えば、表現方法や言い方も異なります。文化とも密接に関係しています。一文字ずつ訳すと意味が通じない文になるのはよくあることです。

優秀な英語翻訳者は全体の意味をつかんで訳します。全体の意味を把握していないと、ロボットが翻訳したようになるからです。原文が伝えたいことをまず理解することが大切です。

当然ながら翻訳者は自分の解釈で翻訳するなら誤解が生じかねません。翻訳者の理解が入ると、原文からそれてしまうからです。

いろんなシーンで活躍する英語翻訳

国際化が進む現在、英語を使う機会は会話だけでなく書類関係も同様で幅広いシーンで翻訳業務が必要となってきています。

一般的な例では学術論文や取扱説明書に多くみられましたが、国際観光を推進する自治体や外国人観光客の利用が増えている宿泊施設も近年英語翻訳のサービスを利用しています。

インターネットの普及により今では年中無休で英語翻訳をしている会社もあるので、とても便利になっています。また、企業だけでなく外資系企業や海外での就職を目指しているひとにも職務経歴書で英語が必要となってきますので、個人の利用にいたるまで裾野がひろがっています。

英語翻訳は和文英訳の方が料金は高い

英語翻訳は、和文英訳の方が料金は高くなっています。その理由は、英文和訳よりも和文英訳の方が難しいからです。難易度が高くて、それをできる翻訳者の数も少ないので、料金が高くなります。

翻訳する文書によって異なっていますが、料金が1字1円以上のことがあります。英文和訳だったら、1字当たり0.5円程度です。医学文書の翻訳のような専門性の高いものは、さらに料金が上がり、1字当たり2円以上のことがあります。料金が高いのは、依頼する人にとっては痛手ですが、特許の文章のように正確に訳さなければならないものもあります。それを考えると、高い料金を支払う価値はあります。

英語翻訳にはインターネットで

英語翻訳をする場合に行き当たりバッタリで辞書を引くのは時代錯誤です。まずはインターネットの翻訳サイトで一気に翻訳するのがベストな方法です。

しかし、インターネットの翻訳サイトも完璧なのかと言われるとそうではありません。所々おかしな表現であったり、英語がそのまま表記されていたりする場合も多くあります。ですので、複数のサイトで翻訳をすることが大事です。

二つか、三つのサイトで翻訳された文を照らし合わせると文の流れは掴めることができます。そして、完璧な文にするために辞書を引いたり、ピンポイントにインターネットで検索することが必要になります。

英語翻訳の仕事の価値と重要性について

英語は世界共通の言葉であり、最も用いられています。日本もグローバル化が進むなかで海外の人材を取り入れる企業も多いです。また仕事のなかで海外と取引をすることもありますが、そのときに英語がわからないと非常に支障をきたしてしまいます。また仕事において求められる英語力は日常会話程度では通用せず、書類を翻訳するだけで多くの時間を必要としていては非効率的といえます。

そのため英語翻訳の仕事はグローバル化が進むなかで生き抜いていく上でも必要な存在と言えます。もし英語が話せなくても翻訳をしてもらえば紙面上やメールなど様々な方法でやり取りはできるため、需要は絶えません。

英語翻訳に関する記事

世界中で求められている英語翻訳
英語翻訳もモバイル端末でできる
英語翻訳作業を専門家に依頼する
英語翻訳で学べる事は意外に多い
ページトップ