TOEIC勉強法を伝授
TOEICで高得点をとるには
TOEICに勝つ方法
TOEIC勉強法の実践例

TOEICに勝つ方法

TOEICを受験する理由は、学生の方では編入や就職、社会人の方では昇給や海外勤務を意識して…と人それぞれです。

目標を達成するため、スコアを伸ばすためには、もちろん日ごろの地道な努力が必要ですが、これだけのスコアを取らなければいけない、というプレッシャーもある中で実力を発揮するには、勉強量だけでなくメンタルの強さも必要となってきます。

プレッシャーというものはネガティブな発想を生み出します。
問題が難しい、全然分からない、目標のスコアが取れないかもしれない、というネガティブな発想は、パフォーマンスの低下に繋がり、本来の実力を発揮できずに終わってしまいかねません。

その逆に同じシチュエーションでも、1つ1つの問題に集中し、この問題が分からなくても次がある、というポジティブな発想を持てば、精神的な大崩は免れる可能性もあります。

メンタルを改善することで、1つ壁を乗り越えるきっかけになるかもしれません。

単語の知識を増やしてTOEIC高得点を目指す

基本をしっかりと押さえると、TOEICでは初級から中級はクリアできる事もあるみたいですね。
しかし、高得点を目指している上級者は細かい部分まで問題で問われる事もありますので、しっかりと頭に入れたいですね。

特に単語の知識を増やすという事にも力を注ぎたいですね。
スペルが似ている単語や長い単語などは要注意です。

すべての単語が出題される分けではなくて、毎回出題されやすい単語というのもある様ですので、過去に出題された事のある単語は覚えておくといいかもしれません。

また、問題集とは別に、TOEIC試験対策の単語集というのも発売されています。更にCDが附属されている物もありますので、利用するといいでしょう。

TOEICの試験結果に反映させるために

TOEICの試験対策をするのであれば、できるだけ試験に出やすい部分を中心に学ぶ様にしたいものです。

どんなに頑張って勉強をしたとしても、TOEICの試験では出題された事がない箇所ばかりであれば、思う様にTOEICの試験結果に反映されない事もあるでしょう。せっかく努力して勉強するのであれば、できるだけいい結果となる様にしたいものです。

また、ただ勉強をすればいい、というのではなくて、できるだけ効率よくスコアが上げるにはどうすればいいのか、考えながら勉強をする様にしたいですね。

時には勉強方法を見直してみるのもいいかもしれません。常にスコアを向上させるという目的を意識して勉強したいです。

TOEICの解答用紙

TOEICの解答用紙は、TOEICのテスト方式がマーク式ということもあって解答番号がたくさん印刷されています。

また、問題用紙には書き込みが禁止されている代わりに解答用紙には少しだけ余白が設けられているので賢く活用するといいです。

例えば、迷った問題にはチェックを入れてあとで時間が余った時にするようにすれば、一つの問題で考え込むことなく先に進むことができます。

アドバイスとしては、自宅で模擬問題に取り組む時もしっかりと解答用紙の余白を使いこなす練習をしておくと本番でも戸惑うことなくスラスラと問題を解くことができます。

ページトップ