TOEIC勉強法を伝授
TOEICで高得点をとるには
TOEICに勝つ方法
TOEIC勉強法の実践例

翻訳会社のサービスを知っておこう

翻訳会社を利用すれば海外の書籍を日本に輸入するときや海外映画を持ってくるときに役に立ちます。英語を日本語に変換してくれる、ハングル文字やドイツ語も翻訳できるので使い勝手がよいです。

料金は基本的に1文字でいくらとなっているので、文字数が多ければそれだけコストがかかります。しかし翻訳会社では割引サービスを行っているので、リピーター特典として定価よりも安価に利用できるのが特徴です。

また日本の映画や漫画を海外用に翻訳してもらいたいときにも活用できます。在籍する翻訳家も日本人だけでなく海外の現地スタッフまでいるのです。

翻訳会社が利用される分野については

翻訳会社は色々な外国語から日本語に翻訳する場合や日本語を外国語に翻訳する場合があり、通訳とか同時通訳もこれに入ります。

分野から見ると法務や会計、企業責任CSRの分野があります。特許や意匠、商標、実用新案を始めとした知的所有権なども国際化して来ていて各分野に精通した品質が求められます。金融や証券、保険に関してもスピード性が求められていますし世界経済のグローバル化に伴って経営や流通マーケティングも企業にとって不可欠となっています。

さらに医薬や医療機器、情報通信、製造業や工業通信、環境や土木・建築、学術、軍事や世界経済、歴史・文化やアート・エンターテインメント分野などで翻訳が求められています。

翻訳会社の業務は主に依頼者の要求に沿う

翻訳会社は依頼者、クライアントから要求された古文や外国語を翻訳する業務を担っています。現代社会は多種多様化していますから、日本語だけでは成り立たない企業活動も増加しています。

ですが、外国語が今一分からない場合には、進行する事が難しくなりますから、翻訳できる企業が必要です。社内に外国語に精通している者が存在すれば、コストカットにも繋がり活躍の場も増えます。

しかし、場合によってはそのような者でも対応できない文章が表れます。ですから、そのような問題点に衝突してしまった時に翻訳会社は多いに利用できます。

事前にチェックしておきたい翻訳会社のアフターフォロー体制

翻訳会社を選ぶ際には、納品後のアフターフォロー体制が充実しているかどうかを、事前にチェックする事をオススメします。

何故なら、納品された翻訳文を読むうちに疑問を感じる事が多々あるからです。そんな時に、アフターフォロー体制が充実している場合、質問をしてもすぐに回答が返って来るでしょう。

逆にアフターフォロー体制が充実していない場合、質問をしても回答がなかったり、回答する代わりに別途費用を請求されるといった事があります。その為、事前に翻訳会社の納品後のアフターフォロー体制をチェックしておく事は、非常に重要です。

翻訳会社に関する記事

翻訳会社を選ぶ前に考えること
様々な規模の会社がある翻訳会社
正しい翻訳は翻訳会社にしかできない
失敗しない良い翻訳会社の選び方
ページトップ