TOEIC勉強法を伝授
TOEICで高得点をとるには
TOEICに勝つ方法
TOEIC勉強法の実践例

正しい翻訳は翻訳会社にしかできない

機械的な翻訳作業は、近年ではWEBを通じて簡単に行うことができます。

一方で、正しい正確な翻訳は未だに翻訳社会やや人間の力を使わないとなかなかうまくできない側面があるのも事実です。多言語を自国の言語に替えたり、またはその逆を行うためには、あらゆる限度に精通して正しい言葉に直さなくてはいけません。

言語の中には、日常生活の中で利用されるような言葉遣いや、その時代だけに使われている言い回しなどが存在します。機械的な翻訳だけではそうしたものに対応することができないので、翻訳会社を使って正しい翻訳をしなくてはいけません。

翻訳会社のメリットと利用方法

仕事や普段の生活で翻訳作業に戸惑ったこと、ありませんか?そんなときにおすすめなのは翻訳会社を利用することです。自分で辞書をひいたり機械に頼ってしまうとどうしてもミスが出てしまいますが、翻訳会社はプロなので正しく翻訳してもらうことができます。

また、ネイティブによる翻訳を受けられるサービスや24時間いつでも対応している企業などもあります。日常生活でネイティブに翻訳してもらえる機会はなかなかないのでありがたいですね。利用方法は簡単、インターネットから発注申し込みができます。翻訳に困った際はぜひ利用してみてください。

翻訳会社に見積もりを依頼する前に

翻訳会社は自社のホームページに、これまでの翻訳実績を掲載しているのが一般的です。

そこで、翻訳会社を選ぶ際には、掲載されている翻訳実績にも必ず目を通すようにしましょう。特に、官公庁や自治体関連の翻訳実績や、大企業の翻訳実績がある場合、信頼度が高くなります。

中でも官公庁の仕事は仕様書に基づいた業務の遂行と、細やかな修正が求められます。これらをこなしているという事は、非常に質の高い翻訳が行える証拠と言えるでしょう。その為、ホームページに掲載されている翻訳実績には、必ず目を通してから見積もりを依頼するのが基本です。

翻訳として働くために翻訳会社に登録するには

グローバル化が進むにつれて、企業間の取引も海外と行うことが、以前と比べて増えています。それに伴って、必要性が増しているのが翻訳です。日本語との翻訳案件で、最も多い言語が英語です。

正確ではやい翻訳を行える人材の需要が高まっています。では、翻訳になるためにはどうすればよいのでしょうか。翻訳を行っている人の多くは、フリーランスとして働いています。まれに企業に採用された形で働いている人もいます。フリーランスの人がどこから仕事を請け負っているかというと、それは翻訳会社です。

翻訳会社ごとに試験があり、その試験に合格することで登録され、仕事が割り振られるようになります。

翻訳会社に関する記事

翻訳会社を選ぶ前に考えること
様々な規模の会社がある翻訳会社
翻訳会社のサービス
失敗しない良い翻訳会社の選び方
ページトップ