TOEIC勉強法を伝授
TOEICで高得点をとるには
TOEICに勝つ方法
TOEIC勉強法の実践例

大小様々な規模の会社がある翻訳会社

翻訳会社の規模は、大小様々です。上場企業もあれば、個人で運営している会社もあります。しかし翻訳の質は、会社の規模によって左右される事はありません。

そこで、純粋に翻訳の質を重視する場合には、規模に左右される事なく、大小様々な会社から見積もりを取ると良いでしょう。

また、この時にチェックしたいのが、これまでの実績です。やはり実績のある翻訳会社の方が、当然ながら信頼して依頼出来るでしょう。その為、会社のホームページなどで、これまでの実績をチェックする事をオススメします。実績があり、信頼出来ると判断を下す事が出来るのであれば、会社の規模は関係ありません。

翻訳会社の強みや実績を知り依頼しましょう

国内にある翻訳会社の中には、日本語から英語へ、英語から日本語への翻訳に特化して行っている会社や、40以上の言語に対応してくれる会社もあります。

また、英語から複数の言語へ翻訳対応している会社もあって、依頼者のニーズに応えてくれるところがあります。

さらには、例えばポルトガル語の場合ですと、ポルトガル向けやブラジル向けに翻訳する必要があり、このようなことにもしっかりと対応してくれる会社がありますので、それぞれの翻訳会社が持っている強みや、これまでの実績などから判断されて、さまざまな言語への翻訳を依頼したいものです。

翻訳会社選びで重要な存在となるコーディネーター

翻訳会社を選ぶ場合に注意すべきポイントは、コーディネーターの対応です。コーディネーターは原稿の内容をしっかりと把握し、適切な翻訳者を探して、納品後のアフターフォローを行うという、非常に重要な役割を担っています。

そんなコーディネーターの対応があまり良くない場合、適切な翻訳者を見つけてもらえなかったり、納品後の修正を受け付けてもらえないといった可能性が出てきます。そうならない為にも、親身になって対応してくれるコーディネーターのいる翻訳会社を選んだ方が、安心して翻訳を任せる事が出来ると言えるでしょう。

失敗しない翻訳会社の選び方のコツ

失敗しない翻訳会社の選び方のコツとして、担当者からの返信のスピードが挙げられます。担当者に問い合わせを行い、その返信が届くまでのスピードは、いわば翻訳を依頼した際のスピードに比例します。

つまり、担当者の返信が遅い場合、納期より納品が遅れてしまったり、修正に時間がかかってしまう可能性があるという事です。また、よくある翻訳会社の選び方における失敗例として、納期ギリギリに質の低い状態で納品され、修正の連絡をしても繋がらないといった事があります。

こうした失敗を防ぐ為にも、見積もりを依頼する段階での担当者の返信のスピードは要チェックです。

翻訳会社に関する記事

翻訳会社を選ぶ前に考えること
翻訳会社のサービス
正しい翻訳は翻訳会社にしかできない
失敗しない良い翻訳会社の選び方
ページトップ