TOEIC勉強法を伝授
TOEICで高得点をとるには
TOEICに勝つ方法
TOEIC勉強法の実践例

TOEICで高得点をとるには

TOEICは年9回(1・3・5・6・7・9・10・11・12月)全国80都市で実施されており、何度でも受験することができます。まずは試験日を確認した上で、いつ頃の試験を受験するか決めましょう。

次に具体的な目標点数を設定します。学習目的にもよりますが、大卒で一般企業の就職を考えるなら450点以上、海外での日常生活に対応できるレベルとして600点以上、ビジネスにおけるコミュニケーションをマスターしたい場合は750点以上のスコア求められることが多いと思われます。

目標点数を具体化することで、必要な勉強量を把握することができ、勉強法や勉強時間のスケジュールを組むことができることでしょう。

受験を考えられている方は、それぞれ学校、仕事、家事など忙しい日常生活を送られていると思います。そういった環境の中、受験に向けた勉強時間をとることは難しいと思いますが、毎日の積み重ねが大事です。

わずかでも空いた時間を見つけ出し、上手にスケジュールのやりくりをしていきましょう。

メリハリを付けて学ぶTOEIC勉強法

ずっと同じ様に学習するだけではメリハリがなくなってしまいます。

勉強をしているというだけで、実際にはあまり勉強になっていないと言う事もあります。

そんな時には自分が今行っている勉強を見直すいいチャンスと言えるかもしれませんね。そんな時にはメリハリを付けて学ぶTOEIC勉強法も必要かもしれません。

どうしてもやる気がなくなってしまった、という時には好きな洋画を見たり洋楽を聞いたりと工夫したいですね。他にもいろんな方法が考えられます。そうするとまたフレッシュな気分で頑張る事ができるのではないでしょうか。

TOEIC勉強法はあなたの工夫次第ですね。
良くなるように改善していきましょう。

英会話のコミュニケーション能力を検定するTOEIC試験

TOEICは英会話のコミュニケーション能力を検定する試験です。英会話を習得するにはいくつかの能力が必要になってきます。

英会話に必要な能力を細かく分類すると、リスニング、理解、英作文などの能力が必要になってきます。英作文は書くわけではありません。

まず、相手の話す内容が何を言っているのか聴きとることができなければ、会話になりません。また、相手の言っている事を聴き取ったとしても、その文章の意味を正確に理解する事ができなければ、会話は成り立ちません。

英会話を行うには話す内容を頭の中で英語の文章として組み立てる必要があります。

TOEFLとTOEICとの違い

TOEFLは外国語としての英語のテストであり、英語圏以外に住んでいる人の英語能力を測るテストとなっています。

テストの内容はリスニング、ライティング、リーディング、スピーキングと幅広いものになっているので、英会話能力を測る指標とすることもできます。

TOEFLのテストは制限時間内に問題を解かなければならないので高度な英語能力が必要となります。

TOEICとの違いはTOEICの場合、ビジネス英会話能力を測るのに対し、TOEFLは英語圏の高等教育を受けるためのコミュニケーション能力を測るテストとなっています。

ページトップ