TOEIC勉強法を伝授
TOEICで高得点をとるには
TOEICに勝つ方法
TOEIC勉強法の実践例

TOEIC勉強法の実践例

TOEICを勉強するための教材やCDは近年数多く出版されており、どういった教材が適切か、多くの方が頭を悩ませていることでしょう。

大切なことは、自分に合いそうなものを選んで自分なりにアレンジすることだと思われます。それはどういった教材を選ぶか、ということだけに限ったことではありません。

TOEICの勉強は、単なる「覚えるための勉強」ではなく、「英語をより身近なものにしていく」ためのものです。こちらでは様々なTOEICの勉強方法をご紹介していきます。

こちらの例を参考に、自分にあったものや興味のあるものを見つけていただければ幸いです。

・TOEICの試験対策問題を利用する。

・CD付き教材で通学・通勤の移動時間にリスニングの勉強をする。

・海外ドラマや映画、洋楽で日常会話に触れる。

・ラジオ、テレビで放送されている英語学習番組を活用する。

・家族や友人との日常会話をできるだけ英語で話す。

こういった勉強方法は日々新しくなっていきます。
インターネットの情報サイトやネット書店の口コミ、感想などを活用し、たくさんの意見を見ることで、より自分に合った勉強法が見つかるきっかけになるかもしれません。

学生が効率的に行うTOEIC勉強法

学生は学校で英語の授業を受ける機会も多いでしょう。
また、受験の時に英語の試験がマストとなっている事も多い様ですね。

しかし、試験によって傾向が異なりますので、TOEICを受験する時にはTOEIC勉強法を行う必要があるでしょう。無駄になるという事はありませんが、それでも受験英語とは傾向が違ってきます。

特に違いがあるのは長文ではないでしょうか。
TOEIC勉強法では英文メールなど、比較的ビジネスのシーンで見られる様な文章が多い様に思います。

そして、一方の受験では学術的な文章が多い様に思います。
TOEICを受けるのであれば、それだけに特化した勉強というのも積極的に行っていきたいですね。

誤解しがちなTOEICの有効期限

よく英検との違いをあげる時に「TOEICは有効期限があるけれど、英検はない」というようにいわれますが、これは勘違いをしているものと思われます。

実はTOEICにも有効期限はありません。ただしスコアの公式認定書の再発行期間が二年間となっているので、これをスコア自体の有効期限と誤解しがちなのです。

とはいっても実際に英語を使用する職場なのでは数年前のスコアをもちだしても、現在の英語力がどうなのか分からないため、就職試験などに利用するならなるべく最近のスコアを提示する必要があります。

高得点を目指すTOEIC

これまでに何度もTOEICを受験している人の中で、難関な高得点を目指している人もいるでしょう。満点やもしくは満点に近い様なスコアを目指している人はきっとかなりの時間を勉強に費やし、必死に勉強している事でしょう。

また、TOEICは何度も受験する事が可能ですので、一度だけ満点を取得するだけではなくて、何度も繰り返し満点をたたき出している人もいる様です。

何年もハイスコアを維持できるというのは本当に素晴らしい事です。TOEICにおいては、常に今よりももっと高い目標を持って、勉強を行っていくようにしましょう。満点を取得できた人は、更に連続で何度も自分の中で記録を更新していきたいですね。

ページトップ